• ホーム
  • SNS別!アルゴリズムの特徴や仕組みを解説します

SNS別!アルゴリズムの特徴や仕組みを解説します

2019年11月13日

SNSではフォローしていないユーザーに対して、おすすめユーザーを表示する機能があります。
これは闇雲に行われているわけではなく、アルゴリズムに従って実施されています。
つまり、アルゴリズムをある程度把握しておくことで効率的にSNSマーケティングを行うことが出来ます。
このシステムに関して重要視されることの1つがプロフィールの完成度です。
プロフィールの完成度が高いと、SNSを使う頻度が高い可能性があるため、おすすめユーザーに表示されやすくなります。

投稿タイプも非常に大切です。
毎回長文で投稿しているのか、短文で投稿数が多いのかといったことがアルゴリズムで重要視されます。
投稿にはタグ付けを行うことが出来ます。
タグ付けをすることによってユーザーの検索に引っかかりやすくなります。
Instagram、FacebookなどそれぞれのSNSによってアルゴリズムには違いがあります。
また、InstagramやFacebookではアルゴリズムを定期的に更新しています。
そのため、その時にユーザーに必要とされている情報を含むコンテンツがあると、優先されやすくなります。

twitterはSNSの中でも特に状況が変化しやすいとされます。
twitterは短文での投稿が出来ることから、投稿数が非常に多くなっています。
アルゴリズムもその状況に柔軟に対応することが求められます。
様々な要素を含んでいるSNSであるため、アルゴリズムも単純ではありません。
しかし、SNSマーケティングを行っていく中でその傾向が見えてくることもあります。

Instagram、Facebook、twitterは世界的なSNSであるため、機能が変更されるときには告知されることが多いです。
情報をキャッチしてその都度マッチした内容を発信することが出来れば、SNSマーケティングを有効に進めることが出来ます。
他のユーザーがどのような発信を行っているかについてもじっくりと見ていくことが大切です。

ユーザー同士の交流が起こりやすいことも特徴となっています。
アルゴリズムに適応した情報を発信できているかは、解析を行うことで確かめることが出来ます。
解析を行うと自社の戦略が成功しているかどうかを推測することが可能です。
成功している戦略はアルゴリズムに適応している可能性が高いと言えます。
利用頻度や投稿タイプなどの特徴も影響を与える要素です。
利用頻度が高いと有利になるケースもあります。