• ホーム
  • Instagramを活用して画像を使ったマーケティング手法とは?

Instagramを活用して画像を使ったマーケティング手法とは?

2019年09月11日

インスタグラムはSNSの中でも特に画像や動画に特化しているという特徴を持ちます。
インスタグラムでフォトジェニックな画像が公開されることにより、瞬く間にフォロワーが増えるというケースも珍しくありません。

インスタグラムにはハッシュタグという機能があります。
ハッシュタグとは検索がヒットするポイントであり、ハッシュタグをたくさんつけることによって様々な方の検索にヒットするようになります。
それゆえにハッシュタグを活用することは非常に重要ですが、画像と関係のないハッシュタグをつけても逆効果になってしまうことがあります。
また、どのような言葉でハッシュタグを作るかによって注目度が変わることも少なくありません。
同じ商品の写真であってもフォトジェニックかどうかで反響が変わることもあります。

マーケティングの際にはウェブサイトを活用することも大切です。
ウェブサイトとInstagramを連動させることによって、効果を高めることも出来ます。
それゆえにInstagramにウェブサイトのURLを貼るケースも多く、アクセス数を増やすポイントにもなります。
インスタグラムが話題になることでウェブサイトに興味を示す方も多いです。
上手く誘導することが出来れば、SNSマーケティングの成功率が高まります。

SNSマーケティングによって動線を確立していくことも大切です。
どのような動線を辿るかはユーザーによって異なりますが、ある程度のパターンを作っていくことが有効となります。
動線を策定する際には実際に利用するときにどういった行動が考えられるのかを踏まえておくことや、いくつかのパターンを想定してみることが重要となっています。

KGIやKPIへつなげることも大切です。
マーケティングの最終的な目標は企業や商品に次第で異なります。
しかし、多くのケースにおいて商品購入に繋げることが大切です。
既に買いたいと考えている方に知らせることも、その商品に興味を持っていなかった方に関心を持ってもらうことも重要となります。
幅広い方に発信することは重要と言えますが、ターゲットを絞らないとなかなか目的を達成できないケースもあります。

発信相手のことをどう想定するかによって、押さえておくポイントも変わります。
どのSNSを使うべきかも変わることがあります。
画像や動画を中心にするのであればインスタグラムが有効ですが、何度も繰り返して発信したいのであればTwitterがぴったりです。
KGIやKPIに合った商材を策定し、商材に合わせてハッシュタグを活用することが重要であり、ホームページへと誘導出来るかがポイントとなります。